肩こり腰痛の原因である悪い姿勢で”おば見え化”が加速!?必見のその1|松戸で整体院

query_builder 2018/07/09
お役立ちコラム
PCを操作している時の”悪い姿勢”
日常生活の何気ない姿勢やしぐさ・・・。



「実際より太ったり老けたりして見えてしまう」
という女性が増加中です。


PC、スマホ、自転車など
日常の中でついやりがちな”悪い姿勢”。



その姿勢に対する目指すべき

”良い姿勢”を

3つご紹介します。


今回は、
PCにおける日常の中でついやりがちな”悪い姿勢”と、
目指すべき”良い姿勢”です。




PCを操作している時、背中が丸まっていませんか?




PCを操作している時の”悪い姿勢”




・背中を丸めて腕を伸ばし過ぎた状態。

・お尻をずり下げて座った状態。

・PCに近づきすぎて両肩が上がった状態。

・手首を極端に反らしてキーボードを打つ姿勢。


では、”悪い姿勢”が長期間続くと体はどうなるのでしょうか?


(1)腕が巻き込まれて前肩や猫背になり、首が突き出る


「頸椎(けいつい)」を曲げる支点になる骨が飛び出て、
首が太く見えたり、背中に厚みが出ます。



また、
肩も前に出て、頭痛や首・肩こり、
腰痛などが発生する場合があります。




(2)デコルテ部分も常に引っ張られている状態なので、硬くなる


本来より、胸部分に厚みが出てくるようになり、
やせていてもたくましい体型になったり、
実際より太って見えます。




(3)首周りのあちこちの血流が悪くなる


代謝が落ちて、むくみやすくなったり、
太りやすい体質になります。




(4)上半身が(1)~(3)のようになっていると、
放っておけば下半身も同じようになります


骨盤が広がって下半身も大きくなり、痩せにくい体になります。




よって、
”悪い姿勢”が長時間つづくと
「太って見える」「おばさんに見える」になります。



PCを操作している時の”良い姿勢”




脇をしめ、肩が上がらないようにします。

手首も極端に反らず、
ニュートラルな向きでキーボードを打てる姿勢がベストです。

そのためには、
マウスも前に出し過ぎず、
手首が反らない位置に置くようにしましょう。




次回のスマホ、自転車での”悪い姿勢”と、
目指すべき”良い姿勢”をご紹介します!




記事引用元
⇒Life & Aging Report

記事検索

NEW

  • 肩こりにつながる寝方とは?

    query_builder 2023/12/02
  • 肩こりが吐き気をもたらす原因とは?

    query_builder 2023/11/01
  • ストレスが肩こりにつながる理由とは?

    query_builder 2023/10/03
  • 肩こりと目の疲れの因果関係とは?

    query_builder 2023/09/05
  • 肩こりが日中に眠気をもたらす理由とは?

    query_builder 2023/08/03

CATEGORY

ARCHIVE