睡眠不足はダイエットの敵だ!?|松戸で整体院

query_builder 2018/06/11
お役立ちコラム
ダイエットと睡眠の関係
ダイエットと睡眠には、
深い関係があることをご存知ですか?


睡眠とダイエットの関係性、
そしてダイエットを効率よく進めるために必要な、
ぐっすり眠るためのコツをご紹介します。



今日からぐっすり寝て、
ダイエットを進めましょう!




・睡眠不足はホルモンバランスの乱れを起こす

睡眠中に4つのホルモン
(レプチン、グレリン、コルチゾール、成長ホルモン)
が分泌されます。

睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れ、
ダイエットにも影響が及びます。


・成長ホルモンによる脂肪燃焼作用が低下する

成長ホルモンには脂肪を燃やす働きもあるため、
睡眠中も脂肪燃焼が行われています。

睡眠不足になると、
成長ホルモンの分泌が減ってしまい、
脂肪燃焼の働きも低下します。


・ぐっすり眠って成長ホルモンの分泌促進

ホルモンバランスの乱れを防ぎ、
成長ホルモンによる脂肪燃焼を
しっかり働かせるためには、
ぐっすりと眠ることが大事です。

特に成長ホルモンの分泌は寝始めてから
3時間に活発に行われるので、
スムーズに眠りに入ることが必要です。



・睡眠時間は7時間を目標にする

睡眠時間が短いと、
ホルモンバランスの乱れの原因になります。

ただし、
つい遅い時間に眠り、
睡眠時間が短くなるという方は、
仮眠時間を合わせて7時間でもオーケーですよ。


・遅くても3時にはぐっすり眠っているようにスケジュールを調整

成長ホルモンがしっかり分泌するには、
最初の3時間と夜中の3時に
ぐっすり眠っていることが必要条件です。

できれば夜中0時にはベッドに入って
眠るようにしましょう。



・リラックスできる香りで部屋を満たす

アロマオイルの香りの中には心を落ち着かせ、
心身をリラックス状態にさせる働きのものがあります。

リラックス状態に入ると
スムーズに眠りにつけるので、
眠りに入りにくいという方は
アロマグッズを使うとよいでしょう。



・寝る前1時間はスマホやPCを使わない

寝る前にスマホやPCを使うと
画面から発生するブルーライトの影響で、
目が冴えて深い眠りに入りにくくなってしまいます。




せっかく食事制限や運動を頑張っても、
睡眠不足だとダイエット効果が半減してしまいます。

毎日しっかりぐっすり眠り、
効率よく痩せるように睡眠を見直してみましょう!


記事引用元
⇒myreco(マイリコ)

記事検索

NEW

  • 肩こりにつながる寝方とは?

    query_builder 2023/12/02
  • 肩こりが吐き気をもたらす原因とは?

    query_builder 2023/11/01
  • ストレスが肩こりにつながる理由とは?

    query_builder 2023/10/03
  • 肩こりと目の疲れの因果関係とは?

    query_builder 2023/09/05
  • 肩こりが日中に眠気をもたらす理由とは?

    query_builder 2023/08/03

CATEGORY

ARCHIVE