肩こりは正しい睡眠方法で改善しましょう!|松戸で整体院

query_builder 2022/10/31
お役立ちコラム
肩こりは睡眠で改善

肩こり。

これは人類だけが抱えている悩みなんです。

人類は二足歩行していますね。

この二足歩行は、地球上に最初の生命が誕生した約40億年も昔から、生物は進化を繰り返しして現在に至り得たものなのです。


しかし、その代償が”肩こり”なんです。

これは、二足歩行となったために重い頭を首で支えなければならなくなりました。

横になっているとき以外は、首に大きな負担がかかり続けています。

仕事のときも家事のときも遊んでいるときも重い頭を首で支え、首や肩の周囲の筋肉はいつも緊張しているのです。


”肩こり”を改善するためには、この筋肉の緊張をとらなければなりません。


もっとも簡単な方法は、横になることなんです。

頭の重さで緊張している首や肩の周囲の筋肉を開放すればよいのです。


若い頃や軽い”肩こり”ならば、一晩寝れば、翌日は改善しませんでしたか?


こんなことより、”肩こり”の改善には、横になる特に睡眠も非常に大事な要素なんです。


”肩こり”は睡眠で改善したいです。

ただし、正しい睡眠の方法で改善したいです。

適切な睡眠時間というのは、6~8時間が目安といわれています。

ただし、適切な睡眠時間というのは個人差があります。

日中に眠くならない程度がよいようですよ。


でも、このようなことをしていませんか?

平日はどうも睡眠不足なので休日に睡眠の不足分を”寝だめ”で補おう。

結構このような考えかたをしている方が多いかも。


ところがこの休日の寝だめは超危険なんですよ。


普段より少し長めに寝るのは、かまわないようです。

しかし、昼近くまで長く寝ているのは、非常に良くないです。


この方法だと体内時計が狂って体のリズムが変わってしまいます。


夜に眠れなくなる。

朝起きづらくなる。

こんなことになってしまいます。


このようなことより、休日の”寝だめ”は逆効果なんです。


休日は少し長めに寝ても平日より2時間程度が良いようです。

できるならば1時間程度にとどめて、日中にまだ眠ければ、昼寝が良いようです。


”肩こり”は、正しい睡眠方法で首や肩の周囲の筋肉緊張を解放して改善してみましょう!

記事検索

NEW

  • 肩こりにつながる寝方とは?

    query_builder 2023/12/02
  • 肩こりが吐き気をもたらす原因とは?

    query_builder 2023/11/01
  • ストレスが肩こりにつながる理由とは?

    query_builder 2023/10/03
  • 肩こりと目の疲れの因果関係とは?

    query_builder 2023/09/05
  • 肩こりが日中に眠気をもたらす理由とは?

    query_builder 2023/08/03

CATEGORY

ARCHIVE