肩こりと腰痛の予防と改善のための運動最適な時間は?|松戸で整体院

query_builder 2022/08/25
お役立ちコラム
肩こり腰痛の予防と改善は松戸ホリスティック整体サロン

肩こりと腰痛の予防と改善には、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的なんです。

でも、運動の必要性はわかっているのですが、運動のためのまとまった時間が確保できない。

このような方は結構いるのではないでしょうか?


運動する時間はどのように考えれば良いのでしょうか?

A.短い時間の運動でも効果的

B.運動するにはある程度の長い時間を確保する必要がある


さて、どちらでしょうか?



答えの前に、運動をしないとどうなるのか。


まとまった時間が確保できないので運動しない。

運動不足となるとどうかるか?


肥満や生活習慣病のリスクが高まります。


それだけではないのです。

精神的にも悪影響を与えてしまいます。


運動不足が心身に及ぼす影響をあげます。



・肥満

・生活習慣

・筋力低下

・心臓の衰え

・骨が弱くなる

・姿勢が悪くなる

・身体が硬くなる

・うつ病などの精神疾患

・仕事の効率低下

などがあります。



運動すると脂肪燃焼とカロリー消費に効果的です。

年齢を重ね30代以降はカロリー消化が追いつかなくなります。

すると、体脂肪が付きやすくなります。



運動不足だと血行不良となります。

すると、老廃物を溜めます。

疲労やストレスを感じやすい状態が続きます。

生活習慣病リスクが高くなります。



筋肉は動かさないと筋肉の機能は低下していきます。

筋肉量が減ります。

転倒などの怪我をしやすくなります。


心臓の筋肉である心筋が衰えてきます。

心臓病のリスクが高くなります。


骨を作る働きが弱くなります。

骨が折れやすくなります。

身体を支える力に影響がでます。


筋肉が衰えると、身体が支えられなくなります。

猫背など見栄えも悪くなります。

怪我や腰痛になりやすくなります。


筋肉は動かさないと硬くなります。

筋肉の可動域が狭くなります。

すると、動かしづらい身体になります。


運動不足は免疫機能を低下させます。

精神面に悪影響を与えます。

ホルモンバランスが乱れます。

結果、気持ちが不安定になります。


長時間同じ姿勢だと、筋肉が固まります。

すると、血行不良となります。

肩こりや腰痛など身体の痛みのストレスにより、集中力が続かなくなります。

仕事の効率低下に繋がります。



このように、運動不足が心身にも影響を与えます。


運動の重要性を認識出来たと思います。


ところが日頃忙しく、まとまった運動の時間を確保できない方が多いのです。



では、運動する時間の答えです。


答えは、

A.短い時間の運動でも効果的

なのです。



短い時間の運動、たとえば20分程度の運動でも大いに効果があるのです。


肩こりや腰痛などの予防と改善になるのです。


運動とは運動をはじめた当初から効果がでます。

糖質だけではなく、脂肪もエネルギー源として燃焼されます。


最初のうち、脂肪が使われる割合は少ないのですが、20分の時点で糖質よりも脂肪のほうが、エネルギー源としてより多く使われるようになります。


短時間の運動でも、脂肪燃焼され、心肺機能を向上させる効果があるのです。


少しの時間でも運動不足の解消となるので、肩こりや腰痛などの予防や改善のため運動してみましょう。

記事検索

NEW

  • 小顔矯正にはどんな効果があるの?

    query_builder 2022/10/01
  • 肩こり頭痛の原因となる眼精疲労!姿勢の悪さからくる症状なんです|松戸で整体院

    query_builder 2022/09/26
  • 肩こり腰痛そして頭痛は不眠対策が必要、そして朝食の重要性とは・・・|松戸で整体院

    query_builder 2022/09/23
  • 整体後の食事について

    query_builder 2022/09/22
  • 頭痛とダイエットとの関係とは・・・極端な糖質制限ダイエットの危険性|松戸で整体院

    query_builder 2022/09/15

CATEGORY

ARCHIVE