ホーム > 院長からの一言

院長からの一言

白血病の予防にビールを飲みましょう!

■2017/07/26 白血病の予防にビールを飲みましょう!
こんにちは。
松戸ホリスティック整体サロンです。

ほどほどのお酒は健康に良いと言われてる。
ビールを飲むと白血病になるリスクが6割以上減るという研究がまとまった。




国立がん研究センターが、白血病を引き起こす「骨髄異形成症候群」(MDS)の発症リスクと、飲酒・喫煙習慣との関係を調べた。

酒をよく飲む人は発症リスクが低いとのこと。

ビールのホップに含まれる成分が骨髄異形成症候群に対する免疫力を高めているようです。

国立がん研究センターのウェブサイト「がん情報サービス」をみると、骨髄異形成症候群をこう説明しています(要約抜粋)。


「骨髄では血液細胞のもとになる造血細胞が作られます。この造血細胞から赤血球、血小板、白血球が分化して作られますが、骨髄異形成症候群は原因が不明ですが、造血細胞に異常が起こる病気です。このため、赤血球、血小板、白血球にも異常が起こり、急性骨髄性白血病に移行することがあります」

白血病の原因の多くは、この骨髄異形成症候群によるとのこと。

国立がん研究センターが飲酒・喫煙習慣と骨髄異形成症候群の発症リスクとの関係を調べた。

その結果、毎日ビールを中ビンで2本程度飲む人の発症リスクが一番低かった。

また、喫煙習慣のある人はリスクが高まる。
タバコを吸っている人のリスクは、吸わない人の発症リスクの約2倍高くなるとのこと。
研究チームは「喫煙にはもともと多くのがんや疾病の発症リスクがある」と指摘している。

ビールを飲んでも、タバコを吸いながらでは元も子もなくなります。


記事引用元
⇒JCASTヘルスケア


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
松戸ホリスティック整体サロン
http://seitaiin-gm.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:千葉県松戸市松戸1176-2
KAMEI BLD.(亀井ビル)707号室
TEL:047-713-6015
----------------------------------------
お問い合わせページ
http://seitaiin-gm.net/contact
メニュー&料金ページ
http://seitaiin-gm.net/menu/price/
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/GjdnY8
Twitter:http://goo.gl/5BfG1D
mixi:http://goo.gl/jL4AWq
アメブロ:http://goo.gl/EP4EG5
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ページの先頭へ戻る